SK通信|スマホ解約金の正しい解釈

今回のSK通信ではスマホの解約についてご紹介いたします。
スマートフォンを解約する際、お金を支払わなければならないことはご存知ですね。では、何を理由として支払わなければならないのでしょうか?
実は解約金について裁判所が、「損害賠償額の予定」という性質があることを認めました。
「損害賠償額の予定」とは一体何なのでしょう?
もし、契約の相手方が契約に定めたお金を支払ってくれない場合、お金を支払ってもらえなかった方には、損害が生じていることになります。その損害を取り戻すには、いくらの損害があったかという「損害額」を証明したうえで、相手方に請求することになります。
ところが、損害額の立証はなかなか難しく、正しい額を算定できない場合が多いのです。
そこで、契約を結ぶ際に損害額をあらかじめ決めておき、後で損害額がいくらであったか争うことを避けようとするのが、「損害賠償額の予定」という取り決めです。
この取り決めは、民法420条に定められている、正当なルールです。
このルールを元に、裁判の内容をわかりやすく言うと、顧客は、2年は契約し続けてくれると約束したのに、その前に顧客が契約を辞めた。それでは約束が違う、だから携帯電話会社は損をしたのだと言っていることを認めたのです。
携帯会社は、高くなりがちなスマートフォンの月々使用料を割引することで、いろんな人が契約しやすくする工夫をしています。
一方で、携帯会社は、2年縛りではないかわりに、月々の使用料が高いプランも用意しています。よって、2年縛りでないプランを契約すれば、解約金を支払わなくて済むこともできる点からいって、理論的には損害があるといえることになるのです。

法的な意味と、請求される理由はわかりました。
では、金額設定そのものは正当なのでしょうか?
例えば、新規で購入した機種を3年後に契約解除したいという場合、1万円近くも支払わなければならないのは高額なイメージがあります。
金額の決め方について、裁判所は2つの考え方を出しました。
まず、割引してきた分が損害額になるというもの。
契約が始まってから解約の月までの基本使用料の割引額がその金額だとしました。
つまり、3年間契約していても、最初の2年分は損害の計算には入れられません。基本使用料の月ごとの割引額と、解約した時点までの契約の継続期間(ちょうど3年目の月の場合、契約をしてきた12カ月)をかけた数が、損害額になるとしています。実際に計算をしてみると、携帯会社の定めた金額のほうが、損害額よりも安いのだとしています。
もうひとつは、顧客が2年間契約をし続けていれば、得られたであろう将来の利益が、損害額にあたるのだというものです。
ここでも、3年契約していても、最初の2年分は計算に入れられません。そして、ひと月あたりの売り上げ額と、解約からの残存期間をかけたものが、損害だとしました。つまり、3年と2カ月目であった場合、月々支払っている携帯料金と、残りの10カ月をかけた金額が損害になるのだとしています。
以上から、金額設定は、妥当だと裁判所のお墨付きをもらっている状態です。
解約金については、総務省から見直しを要請するとの発表があり、将来的にはなくなる、あるいは何らかの措置がとられる可能性もあります。とはいえ、発表以来具体的な動きがあるわけではなく、すぐになくなるわけではない見通しです。
ですので、現在利用中のスマートフォンの契約内容については、知っておいて損はないです。

以上の内容を元に、契約を解除する際の注意点をまとめます。
基本的には、25ヶ月目の月に契約解除をすると、解約金は支払わなくてよいです。
しかし、以下の点にも注意です。
携帯会社によっては、24ヶ月目が更新月になっている場合もあります。
いつが更新月になるのかは、契約内容の確認画面や、ショップで確認することができますので、早めに確認するようにしましょう。
また、携帯会社に契約解除の届出をしなければ、自動的に次の2年縛り契約へと更新されてしまいます。
キャリアによっては、更新期間が2カ月の会社もあります。更新月を確認するついでに、期間についても確認をしておきましょう。
さらに、新規で契約したものの、2年が経過する前に契約解除すると、解約金だけでなく、携帯の端末代金も併せて支払わなければならないことになります。
では、契約時の「機種代実質0円」とは何なのでしょうか。この実質0円というのも実は、2年間契約し続けなければ0円にはなりません。機種代を24カ月で割った金額を、毎月携帯会社が割引をしているのです。
さらに、基本使用料も毎月割引していた、ということで、2年が過ぎる前に契約解除してしまうと、残りの端末代金にプラスされて解約金を請求されてしまうことになるのです。
一括で請求される場合もありますので、残りの端末代金を計算した上で、契約解除を検討しましょう。
これらの注意点を心にとめて、賢くスマートフォンを利用するようにしましょう。

株式会社エス・ケイ通信
http://sk-t.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 駅前などの賑わう場所を中心として、街中にはさまざまなヘアサロンを見かけるようになりました。一つ一つの…
  2. 20代会社員です。マンションに住んでいるのですが、水道の蛇口の調子がおかしくなって、東京 水回りで検…
  3. デザイナー徳永祐助の趣味は映画鑑賞です。邦画はもちろんのこと、洋画の作品など鑑賞するジャンルに限りは…

アーカイブ

ページ上部へ戻る