足立康史が思う理想の社会

足立康史は、国会議員として、国民の生命や財産を守ることに主眼をおいて、政治活動を続けています。政権与党を担う自民党や公明党が躍進を続けている中においても、自身の考え方はブレることがないとして、徐々にその活動や理念に賛同する人の数が増えてきているのです。足立康史の活動の場は多岐にわたります。地元である大阪を中心にして、日本中を駆け巡る姿が、自身のホームページはもとより、テレビの特集番組などで紹介されるなど、人気も盛り上がりを見せています。その旺盛なバイタリティーは、学生時代に打ち込んだ水球により育まれたといえるのかもしれません。京都大学での在学中には、水球部の主将をつとめるなど、文武両道をモットーに何事にも前向きに取り組む姿勢が培われたといえるでしょう。

足立康史の役割は、国会議員として、自ら先頭に立って子育てや医療サービスの充実などといった重要な政策や課題に向かって突き進んでいくことはもとより、後進の育成をすることも求められています。足立康史は、党内においても、若手でありながらも重要な役割を担っており、その期待にこたえようとして、東奔西走しているのです。そんな中、街頭演説では、足立康史の愚直なまでの人柄を垣間見ることができます。台本やメモすらもみることなく、多くの人の前で、党のあるべき姿や理念などを堂々と述べることができるのは、それだけ国民のために、日々考え、行動をしていることの表れといえるでしょう。現に足立康史がマイクを持つ街頭演説には、毎回のように多くの人が集まり、最後の最後までその話に耳を傾ける人が大勢いるのです。他人の話を真似たり、うわべだけの言葉を並べた内容のない話は、すぐに人の心を飽きさせます。最後まで多くの人がその話に耳を傾けるのは、それだけその思いが伝わっているといえるでしょう。

大阪でも他の都道府県と同様に、少子高齢化の波が押し寄せています。維新の党の政策により、未来を担う子どもたちへの手厚いサービスは現実に行われるようになりました。冷暖房の完備や給食の支給、デジタル教科書の普及など、子どもたちがより良い環境で学べることを目指してきた党の取り組みが結果を出してきたのです。しかしながら、足立康史は、更なる貢献に寄与することを目標にしています。国民の生活を脅かす消費増税をする前に、国会議員の給料をカットするなどの身を切る改革を実現しようとしています。国民生活の向上のためなら、どんな苦労もいとわない覚悟を決めています。

足立康史
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_giinprof.nsf/html/profile/007.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 駅前などの賑わう場所を中心として、街中にはさまざまなヘアサロンを見かけるようになりました。一つ一つの…
  2. 20代会社員です。マンションに住んでいるのですが、水道の蛇口の調子がおかしくなって、東京 水回りで検…
  3. デザイナー徳永祐助の趣味は映画鑑賞です。邦画はもちろんのこと、洋画の作品など鑑賞するジャンルに限りは…

アーカイブ

ページ上部へ戻る