triple a 出版(トリプルエー出版)のデジタルメディアへの進化

triple a 出版(トリプルエー出版)は、名前が示すとおり出版ビジネスを主体として事業展開を進めてきました。パチンコ関連の情報を一般の方向け、業界向けに提供するため様々な雑誌を出版しています。
「でちゃう!」は、地域に根ざしたパチンコホールの情報を提供しています。店舗の住所電話番号といった一般的な情報に加え、パチンコ・スロット台の数や、厳選吟味したオススメ店舗、さらに、triple a 出版が展開するパチンコ店舗イベント情報まで掲載しています。「でちゃう!」は志賀版・和歌山版・四国版など西日本を中心に7つのエリアで地域版を出版しています。
「セイラライ!」は、パチンコ・スロット台の解析情報を提供しています。編集兼ライターの髭原人の強烈なキャラクターを前面に押し出したインパクトの強い紙面では、人気パチンコ・スロット台の攻略法や、新しい機種の紹介、さらには、各エリアの機種情報を、編集が直接パチンコホールへ突撃して紹介しています。「セイラライ!」も静岡版、長野版など中部・西日本を中心に6エリアに向けた情報を集め出版しています。
「PiDEA」はパチンコ業界向けの雑誌です。2016年4月のこれまでの編集方針を一新し新たなスタートを切ることが決定し、パチンコホール経営会社の動向や、パチンコ台開発会社の情報、さらには、行政の動向や展示会といった情報も提供しています。そして、経営の苦しいパチンコホールのコンサルタント企画や人材育成セミナーなどのコラムも人気を得ています。
triple a 出版は、「でちゃう!」のイベント連動企画として、でちゃう!ガールズという女性グループの展開も行っており、様々な店舗のイベントにでちゃう!ガールズを派遣しています。

triple a 出版は、出版ビジネスだけでなく、デジタルメディアとして更なる進化を遂げつつあります。
前項で紹介した「でちゃう!」「PiDEA」はWEB版の展開も行っており、「でちゃう!」では、紙媒体では難しかった動画を活用したパチンコ・スロット台の紹介を行い、バラエティー要素に加え、キッチリと攻略法や機種の特徴の紹介をしています。また、溜め置き動画だけでなく、ニコ生放送でのリアルタイム動画の提供も行うなど、その活動領域を拡大しています。WEB会員向けには、店舗の閉店55分前からのチャンス情報や、パチンコ・スロット台の設定やモードを読み取るための情報など、実利の高い情報を提供しています。
「PiDEA」のWEB版では、雑誌の情報の中でも、新規店情報や、新機種情報のようにリアルタイム性の高い情報を常に更新し、業界の方にとって経営に大きな影響を及ぼすゴト師の情報や機種の稼動ランキングもリアルタイムで配信しています。また、WEB会員向けには、ホールの稼動ランキングのような貴重な情報も提供しています。
triple a 出版は、新たなデジタルメディアであるスマートフォン向けにも「でちゃう!」の情報を提供していますが、さらに活動の幅を広げ、無料アプリの提供も開始しています。「てっぱんくん」は、機種の設定を判別することができるアプリです。まず、選択画面から確認したい台の機種を選択し、表示されたパチンコ・スロット台のカウンターに沿って、パチンコ・スロットをプレイして出た役をカウントしていきます。ある程度のカウントが終わってから推測ボタンを押すと、台の設定が推測できるという仕組みです。
このように、デジタルメディアへの展開は日々拡大しており、雑誌・デジタルメディアの連動により、読者にさらに喜んでもらえるメディアを目指しています。

triple a 出版の活動は、メディアミックスにとどまらず、グッズやイベントも組み合わせたリアルワールドミックスな世界を実現しようとしています。
その活動の一つが、様々なグッズの展開です。ミスマリンちゃん写真集や、スマートフォン向けアプリの解析Dbookのような既存のスキルを生かしたグッズに加え、CDや、Tシャツ・ステッカー、さらには、ダンシングDVDと、新しいスキルを盛り込んだグッズの製作を行っています。グッズのコンテンツは、編集で培った人脈を最大に活用しており、髭原人のような身内から、でちゃう!ガールズのようなイベントガールまで様々です。
また、SURPER GT選手権のレーシングチームへのスポンサードも行っています。それは、1チームにとどまらず、「JLOC」「アルナージュレーシング」など、4チームのスポンサードを行ってきました。そして、パチンコホールのイベントに派遣しているでちゃう!ガールズをレースクイーンとしてサーキットへも派遣し華をそえています。
triple a 出版は、ビジネスを広く展開するだけでなく、社会貢献活動にも力を入れています。「でちゃう!」の売り上げの一部を日本赤十字に寄付し、東日本大震災の復興へ充てたり、宮古島の美しい環境を守るNPO法人の活動支援を行ったり、「ハートオブゴールド」というスポーツを通じて苦境に立つ子供に希望を持ってもらう活動を支援するといった内容です。同社はこの活動を「できることを すこしづつ いつまでも」と表明しており、流行にながされず長い支援を続けていく予定のようです。
triple a 出版は、ビジネス活動の幅を広げながら継続的な社会貢献も考えている会社です。

株式会社triple a 出版
https://www.triplea-pub.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 駅前などの賑わう場所を中心として、街中にはさまざまなヘアサロンを見かけるようになりました。一つ一つの…
  2. 20代会社員です。マンションに住んでいるのですが、水道の蛇口の調子がおかしくなって、東京 水回りで検…
  3. デザイナー徳永祐助の趣味は映画鑑賞です。邦画はもちろんのこと、洋画の作品など鑑賞するジャンルに限りは…

アーカイブ

ページ上部へ戻る