庄古知久率いる救命救急センターの取り組み

千葉県松戸市民の健康を守るために運営されている松戸市立病院ですが、同病院では訪れた人すべてが「ここに来て良かった」と思えるような病院作りを目指しています。これを基本的な理念として掲げていますし、すべての取り組みや医療行為はこの理念に基づいていると言えるでしょう。すべての患者さんからここに来て良かったと思ってもらえるように安心と安全の医療をモットーとしていますし、一人ひとりの患者さんにマッチしたオーダーメイドの医療を届けられるように努力しているのも特徴と言えます。ドクターや看護師など病院スタッフと患者さんとのコミュニケーションも大切に考えていますし、対話を交えつつ二人三脚で治療を行うのが松戸市立病院の特色かもしれません。健康状態は一人ひとり大きく異なりますし、どのような治療が必要となるかも人によって変わってきます。そのため、同病院ではどの診療科目であるかは関係なくまずはしっかりと患者さんから話を聞き、しっかりと対話しながら今後の治療方針などを決めるようにしています。こうした患者さん目線の医療が地域から信頼され現在に至っていますし、日々多くの患者さんが同病院を信頼して訪れています。

さまざまな取り組みを行っているのも松戸市立病院の特徴です。がん患者や家族向け集いの場、公開セミナーなども開催しており、こうした取り組みが多くの患者から支持されている理由と言えるでしょう。また、近年注目を浴びている緩和ケアに関する教室も開かれており、がんに関連するさまざまなことについてセミナーを行っています。一般の方やがん患者様向けの緩和ケア教室をほぼ毎月一回程度開いており、その都度テーマを変えつつセミナーを行っています。がんによる体や心の痛みを和らげるための緩和ケアは現在注目されていますし、需要も年々高まっていると言えます。こうした緩和ケアの教室を開催してくれるのは患者やその家族からしてもありがたいことではないでしょうか。このような、患者やその家族の心に寄り添った取り組みをたくさん試みているのも松戸市立病院の特徴と言えます。また、子供からお年寄りまでみんなが楽しめる院内コンサートのようなイベントも定期的に開催しており、入院患者も楽しめるようなイベントに毎回なっています。こうした患者さんへの気配りができる病院は素直に素晴らしいと言えるでしょう。

松戸市立病院では救命救急センターも設置しています。救命救急センターのセンター長を務めるのは庄古知久氏で、救急医学や災害医学のエキスパートとして活躍しています。東京医科歯科大学救急災害医学臨床教授でもある庄古知久氏はこれまでに大勢の患者さんを救ってきた実績がありますし、救命救急センターのスタッフからも慕われています。庄古知久氏以外にも救命救急センターには高度な知識と技術、救急医療のスペシャリストが在籍しており、松戸市民の生命を守るために日夜奮闘しています。真夜中の事故や病気など今すぐに医療が必要となるケースは多々あります。そのようなときに松戸市立病院の救命救急センターは活躍していますし、24時間態勢で患者さんの受け入れを行っています。また、平成25年からはいち早く現場に救急医を派遣するためのドクターカー運用も始めました。ドクターカーを利用すれば一刻も早く治療が必要となる患者さんがいる現場にスピーディにドクターを派遣することができますし、これまでに一定の成果を上げています。また、救命救急センターの外来には最新の医療機器が導入されていますから、常に最高クラスの医療を提供してもらうことが可能となっています。

松戸市立病院
http://www.city.matsudo.chiba.jp/hospital/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 現代ではインターネットが普及して、パソコンやスマホが当たり前のように利用され、私たちの生活には欠かせ…
  2. 若いころは気を付けなくてもスタイルがキープできたのに、とお悩みの方も多いのではないでしょうか。加齢と…
  3. 秀光ビルドは屋上ガーデンというものを提案しています。こちらは屋上の空間を最大限に活用したものとなって…

アーカイブ

ページ上部へ戻る