白山久寿が目指すモバイル市場への開拓

白山久寿社が代表を務める株式会社アイコールは、2001年1月に設立した会社です。システム開発などを主事業としてモバイルインターネット技術を中心にしている企業です。お客様からビジネスに貢献していることを理解してもらうための努力を惜しまないで、社員へも自らの取り組みを軸としたスタイルを重視しています。経営理念として「知恵」「勇気」「努力」「感動」の4つを掲げ、お客様を大事にしている人間性の尊重を重視しています。そのなかでもスマホ分野を特化したイノベーションを事業方針として、掲げており関連製品のフィーチャーフォンやタブレット端末へのゲーム・コンテンツの企画や開発をおこなっています。クライアントからの要望から「知恵」を生み出し、「努力」からお客様へ「感動」を提供するための役割を社内で取り組み、新ビジネスの創造に発展していくことが貢献している証にもなります。
代表の白山久寿の熱心ある取り組みから目指す分野まで、白山久寿が求める人材の関心が会社自体を支える基盤とも言えます。一人一人の活躍をベースとした活動より評価実績まで、やりがりあるコンテンツ作成も代表の白山久寿の情熱が会社に脈々と受け継がれています。

事業開拓から経営までの成り立ちもみると、その場だけでなく常に今後へ繋げるための取り組みを重要視して、継続してきたことからが伺えます。
白山久寿は社員に働く環境や将来性に魅力を感じてもらうことを意識しており、株式会社アイコールでの務めとして、やりがいは向上心をもって率先的に恐れずに前向きに取り組む姿勢が大事で、白山久寿が念頭にあげているのが自ら取り組む姿勢として意欲もって積極的に活動してもらいたい意志が前提としてあらわれています。分野ごとの事業を分けると「ゲーム事業」「システム開発」「コンビニ決済・電子マネー」「情報配信サイトシステム」があります。

ゲーム事業では、モバイル端末へのアプリやゲームコンテンツの制作をしていますので、多数所有しているモバイル端末のユーザーの意見を基により良いコンテンツの提供を続けています。特にますます期待できるモバイル端末へのゲームコンテンツは向上心ある社員が作り上げるゲームはとても楽しみ感を与えてくれることでしょう。

システム開発では、Flashなどの技術からWebサイトでの提案をしていることから、顧客管理システム開発をはじめとした業務の効率から販売促進を図ることより、お客様からの意見を伺った故で臨機応変に対応していることから作り上げている、Flashコンテンツとして「アルテイル」や「フジテレビ★プラネッツ」があります。

開発実績として、フジテレビ★プラネッツはゲームサイトであり、他のユーザーとのコミュニケーションを広げてゆくユーザー層を意識したことも特徴です。オンライントレーディングカードゲーム「アルテイル」はMacromedia Flashの技術を駆使しWebコンテンツの開発を手掛けています。その他に、GACKT NEMURI KIMONO PROJECTやスピーカーの販売サイトである、CAV J−Store Online/CAV ASIAーStoreOmline、社員同士で共有することが可能な、egg(スケジュール管理システム)、リアルタイムなマーケティングが可能な、ケータイ専用アフィリエイトマーケティングシステム、クライアントから銀行口座に入金された利用者からの支払い料金を自動で管理する、iPAB(自動銀行入金システム)、高度な暗号化通信技術を介した、クレジット決済システムなど、実績は多々にまでおよびます。
コンビニ決済・電子マネーでは、代理店業務を行っているので、各種手続きの決済が一括で行うことができます。Edyやセキュリティーマネーなど決済方式は多々あります。
情報配信サイトシステムでは、Web上やメールを通じてユーザーに情報を提供することができるWebサイトシステムです。多数のユーザーにタイムリーな情報提供が期待でき、事例として競馬情報サイトや占い情報サイトがあります。

白山久寿が代表を務める株式会社アイコールの事業は多岐にわたるまで幅広く経営されていることが分かります。会社としてバスケットボールやフットサルなどの交流として社員のサークル活動支援をしています。それだけでなく、社内イベントで納会、ボーリング大会、フリーマーケット、ゲーム大会もあります。他に評価制度がありますので、人材を育成して各個人がセルフマネジメントを期待することができます。白山久寿の今後の期待ある企業としての役割分担もさらなる発展していくことで新たなる可能性への導きに、お客様も活用したくなる気持ちになります。モバイルコンテンツ分野への発展は、今後さらに注目が集まりそうです。特にスマホ分野は今後ますます発展していく分野でもありますので、ゲームに特化したコンテンツへの取り組みとして株式会社アイコールの動向は見逃せません。さらに自社のゲーム事業で培った経験豊かなスタッフがアプリの企画や開発のノウハウをクライアントにアプリ制作事業として提供しています。

株式会社アイコール
http://www.i-call.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 現代ではインターネットが普及して、パソコンやスマホが当たり前のように利用され、私たちの生活には欠かせ…
  2. 若いころは気を付けなくてもスタイルがキープできたのに、とお悩みの方も多いのではないでしょうか。加齢と…
  3. 秀光ビルドは屋上ガーデンというものを提案しています。こちらは屋上の空間を最大限に活用したものとなって…

アーカイブ

ページ上部へ戻る