ベンチャー企業で働く織田茂徳

織田茂徳は、とてもひょうきんな人間です。話の仕方や言葉遣いそして内容も非常にユニークです。相手に合わせて会話の調子を変えることでどの相手とも楽しく会話をしている様子がわかります。京都出身で、京都市立二条中学校から京都成章高校へ行っています。この時期に得意だったスポーツは野球とサッカーになります。運動神経抜群で周りをよくみている人間なので、プレイ中はよく声もでますしアドバイスも的確に出すことができました。京都産業大学に進学した織田茂徳は、ラグビーと出会います。一瞬で虜になってしまった彼は学生時代には毎日ラグビーに打ち込みました。

仲間との絆を深めていきながらプレイの上達もして、かなり力を持つ選手になりました。学生時代はこのように青春を謳歌した織田茂徳です。卒業して社会に出てからは、福岡のベンチャー企業に就職して現在働いています。仕事に対しても織田茂徳は、手を抜くようなことはしないで全力で楽しむかのように仕事をこなしています。何に対しても楽しむ姿勢があるので、何でも長続きしますし前向きなので、落ち込むことも少なく明るい男性です。こうした人間性が表に出ると、周囲からの信頼も自然と出てきますし、織田茂徳を頼る人間も多くいます。

25歳の彼にとってはこうした行為がとてもうれしく感じるようで、自分をさらに向上させていこうと考えるようです。仕事が休みの日には、趣味である釣りに出かけていきます。釣り仲間も大勢いて、ブラックバスを釣りに行ったり、鮎釣りに行ったりして様々な釣りを楽しみます。鮭や鯛などの魚も好きですが、食べるとなるとお肉が一番好きだと彼は言います。釣りの他にも、読書や音楽鑑賞そして散歩をしたりと、彼なりに休日の過ごし方をいろいろ変えてみながら一度体と心をリフレッシュされてから、週明けの仕事に取り組んでいます。スポーツも大好きな彼ですが、こうして一人でゆったりした気持ちで過ごすことも好みますし様々な感性があり、いろいろなことを知っています。

知識がたくさんあるから人との会話も楽しいものになりますし、その会話で相手を明るくすることができるのです。彼に相談をすることで解消されたり気持ちが晴れた人はたくさんいます。時にはアドバイスをしたり励ましたりして、彼は彼なりに常に周囲に気を使いながら生活しているのです。しかしそれが自然にできるところは、彼のすごいところだと思いますし、魅力であるところだと考えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 駅前などの賑わう場所を中心として、街中にはさまざまなヘアサロンを見かけるようになりました。一つ一つの…
  2. 20代会社員です。マンションに住んでいるのですが、水道の蛇口の調子がおかしくなって、東京 水回りで検…
  3. デザイナー徳永祐助の趣味は映画鑑賞です。邦画はもちろんのこと、洋画の作品など鑑賞するジャンルに限りは…

アーカイブ

ページ上部へ戻る