矢口敏和は男の憧れ

男の憧れと言えば、公私共に充実した生活を送り、いつまでも若々しさを保つ事なのではないでしょうか。実際にそのような生活を送るのは簡単ではありません。どうしても仕事ばかりになってしまってプライベートが疎かになってしまう人も多いですし、仕事でクタクタになってしまってプライベートどころではなくなり、休日は寝てばかり、何かを楽しむのではなく、疲労回復に当てるため、結局は何もしないで一日を終えてしまう人も多いです。

そのような生活を送っていては、お世辞にも若さを手に入れられるとは言えません。むしろ、より加齢を加速させてしまうものですが、仕事と向き合わなければならないという現実もあります。仕事のおかげで生活を送る事が出来る以上、仕事を後回しにしてまでプライベートを充実させるのはリスクがあります。そのため、公私共に充実させるためには、体力も必要になりますし、休みの日であっても楽しみたいと言う貪欲な気持ちも求められるのです。

体力だけあっても、気力がなければ休日に布団から出ようという気持ちになかなかならないものです。ですが、矢口敏和は公私共に充実しています。矢口敏和は決して仕事を放置したり、疎かにしている訳ではありません。むしろ仕事は仕事、遊びは遊びと上手く区切っています。そんな彼が最近プライベートでハマっていうのがボルダリングです。地元の埼玉でボルダリングを楽しみ始め、既に上級コースまで楽しめるようになったようです。

ボルダリングは頭と体を使うので良いリフレッシュになりますが、仕事で疲れている時や、次の日の事を考えると二の足を踏んでしまう人も多いのではないでしょうか。特に体を使う趣味の場合、次の日の仕事に影響が出たらと思うとどうしても抵抗があります。結果、休日は何をするでもなく、休息と翌日からの仕事に備えて何もしないという人も多いのではないでしょうか。ですが、矢口敏和は違います。

アグレッシブに休日を楽しみ、仕事もアグレッシブにこなしているのです。公私共に充実していると胸を張る彼の生き様に憧れる男性は多いのではないでしょうか。誰もがそのような生活を送りたいとは思いつつも、現実的には難しいので結局は何も出来ないという男性が多い中で、矢口敏和は毎日充実した生活を送り、若々しさを保ち続けています。そんな矢口敏和は男にとって憧れそのものです。プライベートが充実しているおかげで、仕事にも張りが出るという言葉は彼の口癖ですが、それを実践するのが何より難しいのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 駅前などの賑わう場所を中心として、街中にはさまざまなヘアサロンを見かけるようになりました。一つ一つの…
  2. 20代会社員です。マンションに住んでいるのですが、水道の蛇口の調子がおかしくなって、東京 水回りで検…
  3. デザイナー徳永祐助の趣味は映画鑑賞です。邦画はもちろんのこと、洋画の作品など鑑賞するジャンルに限りは…

アーカイブ

ページ上部へ戻る