池田高雄の経営する自転車店

小さな自転車屋さんを営む池田高雄は親子二代に渡ってこの地域で住民のために業務を行っています。父親が創業した自転車店は当時から地域の住民から親しまれてきましたし、その頃からのお客様が親子二代、三代にわたって来店してくれることも珍しくありません。池田高雄は日々自転車の修理を行う父親の背中を見て育っており、やがて彼がお店を継ぎたいと思ったのも無理はないことでしょう。父親である先代はすでに引退していますし、現在では彼がこのお店の顔として頑張っています。毎日のように地元の小学生や中学生といった学生がパンク修理などで訪れていますし、近所の方がふらりと遊びに来るようなことも珍しくありません。まさに地域密着型企業の代表的な姿ではないでしょうか。アットホームな店内では地域住民同士が情報交換していることも珍しくありません。

池田高雄は幼いころから父の自転車店を継ぐことを決めていましたが、この仕事の大変さを知る父はできることなら違う道に進んでほしかったようです。そのため、彼にはそれなりに有名な大学に進学させていますし、新たな道を探すように伝えたこともあるそうです。しかし、彼はそんな父の言葉に耳を貸すことなくこの世界に入ってしまいます。父も当初こそ反対していたものの、彼の自転車に対する熱い思いを目の当たりにして折れたと言います。父としても自転車店を営む自分の姿を見てその上でお店を継ぎたいと言ってくれた息子に対して誇らしい気持ちもあったのではないでしょうか。幼いころから父の仕事ぶりを見てきただけあり飲みこみも早かったですし、あっという間にお店の業務はすべて覚えてしまった彼はお店の新たな方向性についても考え始めます。

通常の自転車店と言えば待ちの営業がほとんどですが、池田高雄は地元の教育機関などと連携をとっていきます。自転車を安全に楽しむための講義なども行うようになり、そこから自転車の定期的なメンテナンスや販売に繋げていったのです。また、積極的に自ら営業を行うことも多くなり、現在では地元以外からも足を運ぶ方が多くなりました。また、池田高雄は自転車店にしては珍しくオリジナルのアイテムの販売にも取り組んでいます。最初はステッカーやキーホルダーといったアクセサリー系のアイテムが多かったのですが、現在ではサドルやハンドルグリップなどについてもオリジナル要素の強いアイテムを手掛けています。これも人気店となりえた理由の一つでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 駅前などの賑わう場所を中心として、街中にはさまざまなヘアサロンを見かけるようになりました。一つ一つの…
  2. 20代会社員です。マンションに住んでいるのですが、水道の蛇口の調子がおかしくなって、東京 水回りで検…
  3. デザイナー徳永祐助の趣味は映画鑑賞です。邦画はもちろんのこと、洋画の作品など鑑賞するジャンルに限りは…

アーカイブ

ページ上部へ戻る