大坪義明は元男の女の子です

大坪義明は高校までは男としての人生を歩んでいました。もちろん両親も学校の先生、友人などもみんな彼を男だと信じて疑わなかったのです。しかし彼は小学校に上がる前位から少しずつ自分の性に対して、違和感を覚えるようになっていたのです。
大坪義明の幼稚園時代はこんな感じです。男の子たちと女の子ばかりを追いかけるおいかけっこをよくしましたが、本当は追いかけられたかったのです。また女の子たちがもっている、かわいいスカートがうらやましくて仕方がありませんでした。
大坪義明の小学校時代はずっと、ぼーっとした子として周りから認知されていたので、多少男の子としてぎこちない行動をとったとしても、とくに周りから変に思われることはありませんでした。

中学校にあがるとその頃、彼自身はきちんと性同一性障害であることを認識していました。それはあるテレビドラマがきっかけとなり、意識するようになったからです。大坪義明は小学生のころから読書家で大人が読むような本も読む頭の良い子供だったので、中学にあがるころにはきちんと自分のことを分かっていたのでした。大坪義明とうい名前にも疑問を持っていて、自分の心の中ではひそかに大坪義明ではなく大坪明子という名前を使っていました。
彼は高校に入ってからバイト代を使って両親に内緒で心療内科に通うようになり、心の準備を始め、現在女の子の恰好をして大学に通っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 数ある美容院のなかで、人それぞれお気に入りや行きつけの美容院があることでしょう。美容院によってコンセ…
  2. 秀光ビルドは屋上ガーデンというものを提案しています。こちらは屋上の空間を最大限に活用したものとなって…
  3. 駅前などの賑わう場所を中心として、街中にはさまざまなヘアサロンを見かけるようになりました。一つ一つの…

アーカイブ

ページ上部へ戻る