教師として頑張る松岡哲也

小学校の教師として活躍をしている松岡哲也氏は、教職について5年目になる先生です。大学の教育学部で学び教員採用試験に合格した松岡氏は、大学を卒業すると同時にこちらの小学校に赴任し、若手の先生として注目されいます。保護者の方たちには、明るくて真摯に生徒と向き合ってくれる先生であると評判です。今年で教師生活が5年目を迎える松岡氏は、今回初めて6年生の担任になります。

6年生の担任ではやはり、ほかの学年と異なります。それは、6年生は小学生最後の学年だからです。卒業する6年生も在校生と一緒に送るのが教師の仕事となります。はじめて6年生の担任となる松岡氏は、一生懸命指導していく情熱を持っています。

松岡哲也氏は、子供の時から責任感が強く子どもが大好きだったので、将来教師の仕事に就きたいと考えるようになりました。そのために勉強に励んでいた少年でもあります。最近の教職員採用試験は難しかったのですが、今までの成果が実を結び、無事に採用試験に合格することができました。

小学校の担任になることが実現してからは、同じ小学校に務めていました。まだ赴任先は決まっていませんが、今回松岡哲也氏が受け持った6年生が卒業すると同時に、松岡氏もこの小学校から新しい小学校に転任することになります。教師は、定期的に転任させられることが決まっており、松岡氏も例外ではありません。

行動力のある松岡氏は、子どもたちとの信頼関係を、的確な指導をしていくことで築き上げてきました。今では子どもたちに人気のある先生となっています。諦めずに最後まで子供に指導することを教育理念として掲げており、保護者との関係づくりも成功している松岡氏は、今後も教師として期待されていく人材のひとりです。

松岡哲也氏は、サラリーマンの家庭に生まれた人物で、両親とは異なる職業の道を選んでいます。現在赴任をしている小学校には実家からの通勤ではなく、小学校の近くにアパートを借りて、そこから通勤をしています。学校や生徒に何かトラブルがあった場合にはすぐに対応できるようにと小学校の近くに住んでいます。新しい赴任先が正式に決まればこのアパートを離れることになります。現在受け持っている子どもたちが卒業するときには自分の引っ越し先を見つけておくことも必要になってきます。しかし、一人暮らしでかつ、週末には野球クラブを受け持っていることもあり、なかなか時間が取れない現状でもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. デザイナー徳永祐助の趣味は映画鑑賞です。邦画はもちろんのこと、洋画の作品など鑑賞するジャンルに限りは…
  2. 庭野仁司は、今年で20歳になった熊本市出身のA型の独身男性です。熊本市出身の庭野仁司は、現住所は熊本…
  3. 小学校の教師として活躍をしている松岡哲也氏は、教職について5年目になる先生です。大学の教育学部で学び…

アーカイブ

ページ上部へ戻る