レイコップが売れる背景

ふとん干しというのは、意外に重労働です。重たいふとんをベランダまで運び、手すりに持ち上げて干さなければなりません。干している途中で雨が降ってきたらあわてて取り込んで、そのとき濡れてしまえば、ふとん乾燥機で乾かしてと、たいへん手間がかかります。若いときは、ふとんの重さがそれほど気になりませんが、年を取って身体が弱ってくると、ふとんをベランダに運ぶのも、けっこうな負担となります。ふとんを干す苦労がありますが、夏に長時間干しているとふとんが熱くなって、夜寝るときに寝苦しいということもあり、家族に「熱いからふとんをほさないでほしい」などと言われます。

ふとんを干せるのはお天気のいいときに限られているから、梅雨時とか台風シーズンなどは干すことができません。最近は、春先に花粉が飛ぶから、花粉アレルギーがあれば花粉が飛んでいる間はふとんを干せないということになります。干せば干したで重労働なふとん干しですが、一年を通してみると、それほど頻繁に干しているわけではないということに気づかされます。

このほかにも、道路に面したところにベランダがあるご家庭となると、車が頻繁に行き来するから排気ガスなども気になるでしょう。ふとんを干さないとハウスダストやダニの発生が心配になりますが、干したら干したで別の問題が出てきます。レイコップが売れているのは、このようなふとん干しにまつわる諸事情が関連しています。それだけ、ふとんを干すのが難しい人が増えているのでしょう。

レイコップは独自の「光クリーンメカニズム」を採用していますが、これはふとん干しと同様の効果を得るために開発されたものです。ふとん干しには、日光でふとんを乾かし、紫外線で殺菌して、ふんわりさせるという効果があります。レイコップには「UVランプ・たたく・吸う」という3つの機能がありますが、UVランプは、253.7nmの「UV(紫外線)」を照射して、ふとんに日光をあてるような作用があります。さらに「たたき」機能で、ハウスダスト、カビ、ダニなどをたたき出した後に、 それらを吸引します。ふとんを干す際に、表面をパンパンたたく人がいますが、レイコップの場合は、微弱な振動を与えるだけなので、ふとんの繊維を傷めるようなことはありません。人がふとんをたたくよりもずっとデリケートなものなのです。レイコップは、ふとんを干すのとほぼ同じような状況を設定して開発されたふとんクリーナーなのです。

レイコップ・ジャパン株式会社
http://yukan-news.ameba.jp/20150216-167/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 現代ではインターネットが普及して、パソコンやスマホが当たり前のように利用され、私たちの生活には欠かせ…
  2. 若いころは気を付けなくてもスタイルがキープできたのに、とお悩みの方も多いのではないでしょうか。加齢と…
  3. 秀光ビルドは屋上ガーデンというものを提案しています。こちらは屋上の空間を最大限に活用したものとなって…

アーカイブ

ページ上部へ戻る